スポンサーサイト *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--) |Top↑

キャンドルクリスマス *


町中がキラキラしていた日
いてもたってもいられなくて

この町をこっそり抜け出した日

いつもより大袈裟に深呼吸を繰り返してみた

今居る場所を 確かめるように何度も





一番うれしかったことは 秘密のままにしておこう










スポンサーサイト
日記12.27(Wed) |Top↑

届くとも、届かぬとも *



わたしは空がすきだ








日記12.17(Sun) |Top↑

Scenery *


閉じ込めたい風景なら

まだほら いくらでもある





この目が諦めない限り





日記12.12(Tue) |Top↑

12月8日 *


悲しいのはきっと 
思い出せなくなることではなく

悲しいのはたぶん
思い出さなくなることだよ

たとえば三年前の今日わたしが
どんな想いでこの町を離れたかなんてことは
たとえば いつの頃かに大切だった人の
声だとか面影だとか
今のわたしにはもうよく思い出せないけれど

今やっと 幾年か前のわたしが 
始まりと終わりの季節に 冬を選んだ理由を

わたしは時々優しく思い出す



季節は冬

溶けることのないこの世界を眺め歩いた
一面に敷き詰められた枯れ葉を鳴らしながら


此処が今なんだと 小さく呟いた






日記12.08(Fri) |Top↑

冬の声 *


月曜日

ひさしぶりに
本当に久しぶりにカメラをもって
写真を撮る為だけに車を走らせた休日

分厚いコートを着て
お気に入りのブーツをはいて
枯れ葉を鳴らして歩いた

長く伸びる階段 野球グラウンド
低いフェンス 花壇 錆びれたベンチ

ここはわたしだけが知っている風景ではないけれど
こうして写った風景は わたしの見ていたわたしだけの 風景



それはわたしが写真を撮ることを止めない理由のひとつ なんだと思う



apd143.jpg

日記12.06(Wed) |Top↑

秋の足跡と冬の足音と、雨の匂い *



旅先で 借り物のデジタル一眼で
たくさん たくさん閉じ込めた

できるだけたくさんの 今を 閉じ込めた









Nov2006 D70S



日記12.04(Mon) |Top↑

小さな決心と少しの苦笑いと *


それはたぶん 
正解でも不正解でもなく

それが私たちの答えだということ


たぶん大切なのは
正解か不正解かではなく


それが私たちの答えである ということ




期限の迫るフィルムはいっこうに減らないが
必ず撮りきるだろうという 根拠の無い自信だけはある


そして 答えの無い答えと 夜は更けてゆく



少しの苦笑いと共に




日記12.01(Fri) |Top↑
  Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。